メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2018 年 12 月
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      


Search
::: 最新の5件を日付順に表示しています :::
今年最後の活動は赤灯台で有終の美 (1件のコメント)
2018-10-28
 いよいよ今日は今年最後の活動日。前日とても風が強くて、今朝も風が強くて、おまけに私SAは風邪気味で。やめとこかしらん。“芦屋には行きますが沈はしたくないから乗らないつもり〜”、と早速Dさんにラインしました。
 芦屋につくと既にSBさんはのんびりとたばこをふかしておりました。
「相変わらず早いね」
「あれだけの被害が出たのに、すっかりもとにもどったみたいだ」
「それにしても人が多い、今日は何かあるんじゃない?」
なんと延期になっていた海体レースの日だったんです。そりゃ多いはずだわ。

ほどなくDさんも来られたので、3人で黒ハルをチャッチャとフィッティング。
SBさんは、なんでもテニスの全日本大会を見に行くとかで、ここでさよなら。
そうそう、私はというと、湾内では風が弱かったんですよ、これなら大丈夫と、Dさんスキッパーのもと、2人で颯爽と乗り出したのでした。
湾内から水路へと出ていくうちに、結構、いい風だ〜西南西かな、エクシブのブランケットがうっとうしいけど・・・湾外に出ると風は安定、でも前日からの強風でうねりが強い。マストにつかまりスプレーを浴びながら波を越える。コックピットは段々と水がたまり、Dさんはというと、ハイクアウトしっぱなし。海水温は高いけど風は冷たい。2人ともフルウェットでよかったね。
そんな状態にもかかわらず「これなら赤灯台まではすぐだね、最後やから行こうか」と、お気軽な2人。風は一層強くなり時に波頭は白波が。「5m時々7mくらいかな、沈だけはやめとこうぜ」と内心不安で一杯でした。11時過ぎには赤灯台に到着し、風が強くならないうちに退散、タイ産!と踵を返して一路湾内を目指します。途中、海体レースとかち合いますが、Dさんの巧みなティラーさばきで事なきを得て、無事戻ってまいりました。

 今日は十分堪能、レース艇も直に戻ってくるから、さっさと上げてしまいましょ。
 込み合わないうちに、シャワーも済ませ、ちょっと早いけど、最後の活動で赤灯台まで行ったのは初めてだよな〜と2人とも納得、満足のセーリングでございました。


コワかった〜! (3件のコメント)
2018-10-06
雨予報だったので、参加予定者で事前に相談しつつも決行しようと決めて、当日を迎えました。朝から土砂降りの雨。やっぱりやめましょうか・・・となりましたが、K村さんがもう家を出ているということ、また、10時前にはおっ晴れてきたゾ、ということで、やっぱり乗ろう!ということになりました。

参加はS会長、K村さん、Oです。
黒ハルとレンタルホッパー1艇。
黒ハルにK村さん、ホッパーにS会長と私Oです。

午前中はそよ風で、湾内の皆さんのんびり乗っています。
沖までコッソリ出てしまおうか、午後は風速11mってホントかな、と話しつつ、結局湾内をウロウロとしていました。

お昼頃は、2艇でスタート練習しました。
何度かうまくいったので私意外とスタートの才能あるんじゃない!?と盛り上がるも、最後の回ではスタート切れず、才能は幻だったようです。

S会長と私は遅めのお昼を取って、午後もうひとっぱしりと出ましたら、やっぱり風速が上がって来ました。
いや〜これまで乗った中で一番コワかった!!
いつもはオーバーヒール沈ばかりなのですが、今回は普通に乗ってたら突風が吹いて、つんのめるように沈。また沈。
センターボード抜けるし、沈からの沈で船体の下に沈んじゃうし、波と風のなぶりものになっていた感じでした。
レスキュー艇に引っ張りましょうか〜と声をかけられるも、自力で頑張ることにして、15時頃に何とか着艇しました。帰って来れてよかった。。。

芦屋の活動は今年最後でしょう、ということで3人で黒ハルをキレイに洗って、活動終了。
結局天気はずっと晴れていて、気温も高く(30℃近くまで上がったと思います)、活動することにして正解!
帰宅したら、クッタクタで、これまでで一番のアザもできており、スリリングな帆走で、よい三連休の始まりとなりました。

来週は合宿です。ドキドキです。頑張ります。

新セール 処女帆走 (1件のコメント)
2018-09-23 秋分の日
天気快晴 暑い位の陽気 風は2〜4m程度 参加 S田1名。
9月4日の台風でセール紛失。会計さん奮発し新セール購入24,270円なり。
本日ビニール袋を破り、初帆走の日。一人のんびり艤装開始。マストを立ててセールにキス(*´ε`*)チュッチュ。
レスキュー1艇の為湾内のみと注意を受け、11時出艇。
風は私の腱鞘炎を心配してか、ヨットが自然に走る程度のそよ風。のんびり湾内帆走。
タックすると新しいセール特有のパリパリの音。シートを固定してロングを優雅に走る。
これで納得出来るほど人間が出来ていない私。知らぬ間にヨットが行きがる方向へ。
あらあら!前方遠くに赤灯台。ダメだと言うのにシートを固定したヨットどんどん走る。
灯台通過した頃、ヨットも「沖に出てはダメだ」のルールを学習してくれて一路湾内へ。
新セール、快調に帆走できると確認し、風も落ちて2時半着艇。焦ることなく綺麗に水洗い。
帰って両肘シップ張る羽目になりましたが、満足した一日でした。

なおレンタル艇ホッパーは2艇だけ。このため予約不可で、当日の早い者勝ち。
ゆっくり集合すると倶楽部艇だけで、一日一時間乗れない、なんてことになるかも。

K村さん 即入部されました (3件のコメント)
2018-08-26
朝から3m位の程々の風。SAさんSBさんK林さんH本さんS田5人で艤装中
K村さん レッスン参加で来られ、計6名の活動。
K村さん・SAさん 素早い艤装で出艇。5分遅れ位で白ハルSB・H本 黒ハルK林・S田で出艇。
湾内 上手な子供がたくさんでレース中。この子たちのブイ近くでもたつく黒ハル。
子供はスイスイ交わしていくが、レスキュー艇から「ブイから離れろ」の声。
我々のブイを適当に掘り込み、2艇とも急いで沖へ出る。いい天気。気温も良し。沖の風も程々あり。
こんなヨット日和に、ポンコツS田、船の前に重り代わりで乗ってるだけ。グヤシイ・情けない。
沖での楽しいセーリング。腹が減っての帰艇。着いてみればSAさん即入会手続き開始との事。
失礼しました。他のメンバーとセイリングどころか会話も無く、次回参加時はご挨拶致します。
午後からは風が強くなり5m程度。2名は帰られ、SAさんは1人で楽しんで頂き、白ハルでH本・S田コンビ出艇。
走ったり沈したり楽しんでいましたが3時前H本さん、ブームパンチを受けられ負傷。帆走中止。
鏡を見てきて「男前でしたか」の質問に「もちろん」の余裕。安心しました。痛かったでしょうが急いで治してくださいね。

ちょっこし秋の気配? (2件のコメント)
2018-08-19
天気は雲もちょっとある晴れ。最高気温は30℃ちょい、風速は1〜4mという感じでしょうか。
メンバーはS田さん、SAさん、SBさん、D原さん、H本さん、私O方(先週は出艇に間に合わずご心配おかけしてすみませんでした〜!バイクは動いております)。

午前中は黒ハル、白ハル、レンタルホッパーの3台に、2人ずつ分かれて、沖に出ます。
もちろん私の船はビリケツ。振り向けばひとり・・・。

赤灯台を目指すのかなぁと思ってたら、赤灯台より前で右に折れていく、前の二梃。
何だ何だ?どこにいくんだ?
結局そよ風だったこともあり、特にどこに到達という訳でもなく12時過ぎたので折り返すようです。

3艇で仲良く並んで帰るが、S田さん・D原さんの艇は一番インコース、SBさん・私の船は真ん中、SAさん・H本さんの艇はおッ?なぜかアウトサイド西宮の岸壁沿いのラインを取るA師匠、ふむ。

昼食とって、午後は個人練習。

が、風が吹いているようで、吹いておらず。と思ったら吹くし。
えっ?タックしたら風向き変わってない??
もう分かんねっとプカプカ浮く私。空気が澄んでいて、六甲山(でしょうか?)がとても綺麗に見えました。帰艇後、D原さんも午後は風がよく変わったと言っていたので、ま、いっか〜、そんな日もあって。

沈もせず。
急に暑さがやわらいで、水浴びして出たらちょっと肌寒いくらいでした。夏が終わってしまいそうで、さびしいです。
もう一度、カンカン照りの日を求む!